ずぼらな書体で粋な漢字をデザイン・39デザイン事務所(86)妻がいるという事・第一章④

終わる始まる④

妻から「離婚」を言い渡されて受けたショックから立ち直るには余りにもそのショックが大きすぎて・・・

兎に角、ひたすら自分の非を思い返す事しかできませんでした。

今まで自分が良かれと思ってして来た事、言って来た事。

全てとは言わないまでも、あれもこれも本当に正しかったのか?

それこそ自分を慕ってくれている人達にも、本当に信頼されているのかも不安になってしまった。

人は、知らず知らずのうちに人を傷つける事が有ります。

良かれと思って言ったこと、やった事が実は相手を傷つけてしまう・・・

そして、傷つけた人は全く傷つけた事に気付かず、逆に傷つけられた人は、一生傷つけられた事を忘れない・・・

一体、私はこれまでの人生に於いて、どれだけの人を傷つけて来たのか。

それを考えると、一番身近に居る妻や子供たちに対してはどれほどの過ちを犯してきたのか計り知れない。

考えれば考えるほど、妻の「離婚」の言葉の重さが巨大な岩の様に私の心に重く重くのしかかって来て、そこから逃れる事が出来ずもがき苦しむ日々・・・

この様な状況に陥ると、否応なしに自虐的になってしまう。

仕方の無い事だろう。

因果応報、自分がして来た事が自分に降りかかってきているだけのこと。

そう、あの日もそうでした。

私は、その日も妻を傷つけてしまったのです・・・・・

          ー終わる始まる④ー

次回に続く・・・

投稿者: iiduka39

日本に生まれ、日本人としての誇りを文字に託して一筆、一筆心を込めてお書きいたします。どうぞ、お気軽にお問合せ下さいませ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。